緑と黄色の変わりシェブロン

緑と黄色の変わりシェブロン

これはベネチア製のシェブロン。現代作家さんの作品のようです。なぜかアフリカで手に入れましたが、手に入れたときには傷だらけでぼろぼろでした。それを磨いてきれいにしました。

とりあえず手作りショップでアクセサリー材料として販売を始めました。

緑と黄色のシェブロン

緑と黄色のシェブロン

シェブロンの歴史は面白く、1500年代から1600年代にピークがあり、その後1700年代にはあまり作られませんでした。そして1800年代に再び作られるようになりましたが、スタンダードな青の6層シェブロンが圧倒的に多い中で、他の色や、色の組み合わせのものが少数作られています。シェブロンファンにはこの時代の青い外の玉も垂涎物です。

写真の玉はちょっと小ぶりではありますが、緑シェブロンで中に赤と黄色の層がある珍しいもの、持ち込んだトンボ玉商人もこれが見るのは2個目だと言っていました。

この写真はこの玉を現在所有する方から提供していただきました。

オランダ製?シェブロン

オランダ製?シェブロン

このシェブロンは小粒でまん丸。他のシェブロンとはちょっと毛色が違います。

他のシェブロンのほとんどはベネチア製ですが、この玉はオランダ製の可能性があります。オランダでシェブロンが作られたのはベネチアよりあとで、ベネチアから職人を招いて作ったものだそうです。

またこの玉は、普通のシェブロンが端を切ったり削ったりして模様を見せているのに対し、再度熱して丸く整形してあるものです。英語では reheated chevron と呼ばれています。

時代的には18世紀か19世紀か、というあたりかと思います。

稀少な黒シェブロン

希少な黒シェブロン

このシェブロンは一見すると1800年代の数多い青シェブロンのように見えます。確かに外側の色はちょっと青みがかかっていますが、実際は不透明の黒です。

この種のシェブロンはこれ一個しか見ていません。貴重なものだと思います。

多分この玉も1800年代のものでしょうか。いつか手放すと思いますが、この博物館に画像は保存しておきたいと思います。

美しいミルフィオーリとシェブロン

美しいミルフィオーリとシェブロン

このミルフィオーリはベネチアの多分モレッティ工房の初期のもの。1920年前後ではないかと思います。一緒についている赤と黒のシェブロンも同じ工房の同じ時期のものでしょうか。全体のバランスもよく非常に美しい一連です。この連を買ったことによって僕は「一線を超えて」しまいました。

トンボ玉には個々の玉の美しさもありますが、一連となったときにオーラを発しているものもあります。この一連はそのようなものでした。インパクトの強さは並みではありませんでした。

写真をクリックすると大きなものが見られます。

驚異の黒シェブロン

黒シェブロン一連

いろいろな種類の玉をばらばらと見せるのも良いですが、ちょっとカテゴリーの充実を図ろうかと、二日続けてのシェブロン。

今日のものは黒いシェブロンの大粒。う…美しい。欲しい人がたくさん。さほど古いものではないはずですが、現在のガラスにはない美しさですねえ。

写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

横綱赤シェブロン

赤シェブロンの一連

トンボ玉の王様シェブロン。伝統的なものは青いシェブロンですが、珍重されるのはこの赤シェブロンでしょうか。

さほど古いものではなく、1900年代初頭にベネチアで作られたようです。5層の美しいシェブロン、当時のものはかなり高価です。

しかし当時の cane (切り分ける前の棒状のガラス)が残っていたそうで、最近そこから玉にしたものも出回っているそうです。

もちろん質的には昔のガラスそのものですから、古いものか新しいものかの区別は非常に困難です。

写真の画像をクリックすると、拡大写真が見れます。

代表的な青シェブロン

6層青シェブロン

これはかなり良く見かける青いシェブロン。1800年代にベネチアで作られたものです。6層構造になっています。コレクターなら良いものを1個は持っておきたい代表的なトレードビーズです。

当社の販売価格は3センチを超える大きなものでも1万円は切るくらいでしょうか。海外での相場はこの程度です。一方一般的に日本国内では2万円~3万円で販売されているようです。

古い古い7層シェブロン

7層シェブロン

トンボ玉商人がやってきました。買ったのは珍しいシェブロンとミルフィオーリをそれぞれ一連。

今日買ったシェブロンなどは後日紹介するとして、やはりシェブロンの大一番はこれ。15-16世紀頃のベネチア製7層シェブロンです。

アフリカの交易に持ち込まれた初期の頃のもの。

19世紀頃に大量に作られた6層の青シェブロンと比べるとずっと味があります。