黄色いキングビーズ

黄色いキングビーズ
このソロバン玉のような形のトンボ玉は英語でキングビーズと呼ばれる仲間で、1800年代にベネチアで作られたものです。

元々アフリカで作られた同じ形の玉が権威の象徴として珍重されているのを見て、ベネチアで真似をして作った、と言われています。アフリカで作られたオリジナル?もその内ご紹介します。

これは黄色い玉で、キングビーズとしては小粒、かなり頻繁に見かけるものです。