マダガスカルのコピー玉

今仕事でマダガスカルに来ています。ある田舎町のマーケットで見つけたのがこれ。

マダガスカルのコピートンボ玉

デザイン的には19世紀ベネチアのファンシーです。それも豊富な種類があります。「おおっ!マダガスカルにも入っていたの?」と思って手にとってみたら…プラスチック。

プラスチックで作られたベネチア玉のコピーでした。

しかも、このトンボ玉はアクセサリー売り場ではなく、何やら怪しげな木切れや貝殻や、石ころが売られているところに並んでいました。売り手のお爺さんは自分では「薬を売っている」と言っていますが、どうやら伝統医というか、ウィッチドクターと呼ばれる人たちのよう。

このトンボ玉も、どうやらお守りか、おまじないか、そんな目的で使われるもののようです。

インドネシアのコピー玉

image

これは仕事関係で、インドネシアの方から頂いたトンボ玉。19世紀のベネチア産の玉のコピーです。しかし、偽物と言うよりは、別商品と考えた方が良いかも。インドネシアにも伝統的なトンボ玉はあるのに、なぜそのデザインを使わないのか不思議です。

キファについてのお問い合わせ

当方で販売しているトンボ玉の中で、キファに関してのお問い合わせがありました。

元々のキファは、20世紀初頭にモーリタニアのキファという町の周辺のみで作られた、結構希少なトンボ玉で、オリジナルのものは以下の写真です。Facebookのトンボ玉博物館に掲載しています。

オリジナルのキファ

これとは違う、少々稚拙なものは、多分、近年トンボ玉コレクターの中でキファが珍重されるようになったため、リメイクしたものの、昔ほどの技術がない、というものではないか、と予想しています。フェイクとは言えないかもしれませんが、昔のキファとは区別して考える必要があると思います。

緑と黄色の変わりシェブロン

緑と黄色の変わりシェブロン

これはベネチア製のシェブロン。現代作家さんの作品のようです。なぜかアフリカで手に入れましたが、手に入れたときには傷だらけでぼろぼろでした。それを磨いてきれいにしました。

とりあえず手作りショップでアクセサリー材料として販売を始めました。

レンガ色のティクタクトー

レンガ色のティクタクトー

これは19世紀に作られたファンシーの仲間、英語でティクタクトーと呼ばれているビーズのレンガ色バージョンです。

なぜティクタクトーと呼ばれるのかは知りませんが、このような筒型で、網がかかったような模様のトンボ玉をこう呼んでいます。

よく見ると、縦横の白い線の部分は、非常に細いガラスをよって作ったものを埋め込んでいることがわかります。意外に凝っているのですね。

大粒卵形ミルフィオーリ

大粒卵形ミルフィオーリ

これは最近ではあまり見ることがなくなった大粒の卵形ミルフィオーリです。この手の物としては入手できたのはこれがまだ2回目。今回の方が大粒です。

模様から見るとベネチアのモレッティのものでしょうか。

良質な古いミルフィオーリはどんどん入手しづらくなってきています。

この玉は何?

正体不明のトンボ玉

このビーズ。黒字にアベンチュラインらしい金色が入っています。さらに上のほうには文字にも見える模様が。

イスラム玉の中に混じって持ち込まれたものなのですが、正体は不明。

ファンシーの仲間のようにも見えますが、こんなデザインは見たことがありません。さて何者でしょうか。