インドネシアのコピー玉

image

これは仕事関係で、インドネシアの方から頂いたトンボ玉。19世紀のベネチア産の玉のコピーです。しかし、偽物と言うよりは、別商品と考えた方が良いかも。インドネシアにも伝統的なトンボ玉はあるのに、なぜそのデザインを使わないのか不思議です。

レンガ色のティクタクトー

レンガ色のティクタクトー

これは19世紀に作られたファンシーの仲間、英語でティクタクトーと呼ばれているビーズのレンガ色バージョンです。

なぜティクタクトーと呼ばれるのかは知りませんが、このような筒型で、網がかかったような模様のトンボ玉をこう呼んでいます。

よく見ると、縦横の白い線の部分は、非常に細いガラスをよって作ったものを埋め込んでいることがわかります。意外に凝っているのですね。

黒と金のフェザー

黒と金のフェザー

この玉は非常にシックで美しいですが、1800年代のベネチア製ファンシーの仲間です。一件複雑な模様をしていますが、金色(アベンチュラインガラス)や他の色の線をトンボ玉表面に付けておいて針で引っかいて模様にする、いわゆるフェザーの技法が使われているようです。

典型的な細長いフェザーとは異なり、貴重かつ美しい玉です。

ウグイス色のフローラルファンシー

ウグイス色のフローラルファンシー

ファンシーの中までも、特にこの玉のように花や葉をあしらったものの仲間をフローラル・ファンシーと呼びます。英語で「花模様のファンシー」まあそのままの名前ですね。

フローラル・ファンシーには黒い玉が一番多く、続いて赤が一般的なのですがその他の色も時々見かけます。その中でもこれは珍しいウグイス色。今まで手に入れたのはこれ一個です。

フレンチ・アンバッサダー

フレンチ・アンバッサダー

これは1800年代にベネチアで作られたファンシーの仲間、俗にフレンチ・アンバッサダーと呼ばれている玉です。なぜこの名称があるのかは知りません。

特徴は丸で日本の陶器についている梅の模様のような模様が入っていること。もっとも梅と違って花びらの部分が通常6枚になっていますが。

この写真のものは少々痛んでいますが、粒が大きな状態の良いものは、かなり上品な印象を受けるトンボ玉です。

黄色いキングビーズ

黄色いキングビーズ
このソロバン玉のような形のトンボ玉は英語でキングビーズと呼ばれる仲間で、1800年代にベネチアで作られたものです。

元々アフリカで作られた同じ形の玉が権威の象徴として珍重されているのを見て、ベネチアで真似をして作った、と言われています。アフリカで作られたオリジナル?もその内ご紹介します。

これは黄色い玉で、キングビーズとしては小粒、かなり頻繁に見かけるものです。

濃い緑のファンシー

緑の丸玉ファンシー

この玉は既に手元から離れてしまいましたが、珍しい、濃い緑色をしたファンシーです。

表面には細い色ガラスなどを使って模様が付けられています。1800年代後半のものかと思います。

アフリカにはこのような繊細な加工を施した玉はあまり入っていないようで、ひょっとするとヨーロッパ市場向けに作られた玉だったのかもしれませんね。